ストレスチェックとは

  • 厚生労働省による改正労働安全衛生法に基づいたメンタルヘルス対策


ストレスチェックとは何かご存じですか


ストレスtチェックは、2015年12月から職場での義務づけが開始された労働衛生管理の一環の1つです。 ブラック企業などで話題になるように、過酷な労働状況から労働者をまもるためのテストです。


具体的にはストレスチェックとは、、主に職場内でストレスに関するアンケートを実施し、勤務に関するストレスの度合いを調べる検査のことです。 『労働衛生管理法』という法律の改正に基づき、2015年12月より50人以上が勤務する職場ではこの検査を実施することが義務づけられました。


この検査の目的は、ずばり労働者のストレスが高い状態を事前に把握し、うつ病などのメンタルヘルスのトラブルを未然に防ぐことにあります。


ストレスチェックの具体例


ストレスチェックの手順ですが、実際にはとても簡単で、まず57項目の『職業性ストレス簡易調査票』というアンケートを労働者に配布します。 チェック項目は仕事の内容や体調、気分、生活への満足度について、1から4までの指標に○をつける方式です。


これを、医師などの実施者(またはその補助者)が回収し、その中で高ストレスで面談が必要な者がいた場合は、労働者の希望に応じて面接指導などを実施します。


ここでの注意点は、アンケートの内容は第三者は人事権を持つ者、特に上司などが閲覧できる状態にあってはならないということです。


ストレスチェック 評判


ストレスチェックのアンケートはプライバシーが守られ、必ず医療者と記入者本人の間のみで結果のやりとりがなされます。最終的に職場環境の改善のために統計資料として使用することは認められています。


その場合は必ず10人以上の規模の事業所で、匿名の状態でのアンケート結果の使用が義務づけられており、やはりアンケート結果から個人が特定されることがないように配慮されています。


このようなストレスチェック制度を利用して、本人は自分のストレスの度合いを把握し、必要に応じて自ら医療機関を受診することができ、経営者は職場環境の改善やうつ病などで従業員が休職してしまうことへの対策を事前に行うことが出来るのです。


これらの制度は厚生労働省のWEBサイトに導入マニュアルなどとして詳しくまとめられています。 ただ、質問事項が単調で、回答者が結果をコントロールできるのではないか?という問題もあります。


そこで、より制度を高めた独自のテストを開発、そして結果に応じて専門医のメンタルケアやトレーニング、休息のアドバイスなどを行えるサービスもあります。 実施を支援する企業のWEBサイトもありますので、ぜひ参考にして下さい。




ストレスチェックの最新情報のブックマーク登録はこちら